2019年11月16日 「MBCラジオまつり」に出展いたしました

2019年11月16日(土)に鹿児島市のかんまちあで開催された南日本放送主催の「MBCラジオまつり」にミタデンも出展いたしました。

 

●ミタデンのブースに隠された世界の様々な問題

動物がたくさんの「わくわくランド」という看板を掲げてあり、壁にはブースを囲うように、カラフルな木と動物たちで賑わっているミタデンブース。

 

しかしよく見てみると、〇や△などで作られている木にはそれぞれ日本を含め今世界が抱えている環境問題・社会問題が書かれています。

ご来場いただいた皆様にはこれらの問題について少しでも何か感じていただきたく、クイズ用紙をお渡しして

ブース内に隠れている答えを探していただき、お子さま連れで参加された方にはおもちゃをプレゼントしました。

未来を担う子どもたちの為にも、できる事から始めてもらいたい

ミタデンは、そんなあなたを設備を通じて応援する会社だということをご周知いただけたと思います。

 

●防災タワーEPBの設置

ブース内には「防災タワーEPB(Emergency Power Box)」も設置しました。EPBとは、非常時に電力と灯りを確保することのできる1台です。

携帯やパソコンなどの充電が可能な小型のリチウムイオン蓄電池や、それを充電することができるコンパクト(折り畳み式)ソーラーパネル、

充電式のLEDライト、防災(非常用)ライト、ACアダプタ付きLED電球(2セット)の5つがセットされています。

近年多い災害等による非常時の電源確保をすることができるこのEPBで、ブースに起こしいただいた方に携帯の充電を体験していただきました。

詳しくは〈EPBについて〉のチラシをご覧ください。

また、EPBに関しては〈こちら〉からお問い合わせいただけます。

 

●公開生放送を実施

さらに当日、毎週金曜日の9時15分ごろからMBCラジオで放送している「ミタデンのなるほど!そうだったのか!」の公開生放送をブース内で実施いたしました。

番組内でおなじみのクイズを2題出題し、見事正解された方には「サイン入りのミタデンオリジナルカレンダー」をプレゼント。

スタジオでの収録の雰囲気とは違い、青空のもとで皆様のお顔を見ながら楽しく収録することができました。

 

●未来を担う子供たちへ

ブースにご来場いただいたお子さまも楽しんでいただけるように、バルーンアートやぬりえを準備いたしました。

   

バルーンアートはその場でミタデン社員が作成し、お子さまたちにプレゼント。

ぬりえコーナーでは多くのお子さまに好きな色で動物のぬりえを楽しんでいただき、完成したぬりえは

ブース内に展示させていただきました。当初予想していた人数をはるかに超えるご参加をいただき

たくさんのお子さまのご協力のもと、とても賑やかで素敵なブースが完成いたしました。

 

また、終日ミタデンブースに登場していた「トラさん」は、ミタデンの社員と一緒にラジオの公開生放送前に「パプリカ」のダンスを披露。

トラさんと一緒にお子さまたちも踊ってくれました。終日大人気のトラさんでした。

<パプリカダンスの様子>

※プライバシー保護のため、動画に加工をしてあります。

 

●イベントに出展して

ブース内にはミタデンがどのような事業をしているかなどの会社紹介の資料も展示させていただきました。

世界中で抱えている深刻な問題について、カラフルで楽しい見た目のブースにすることで足を運んでいただき、皆様にも考えていただく。

そしてこれらの問題に対して、空調設備・太陽光発電・植物工場など様々な事業を通じて

私たちの住む地球のため、そして子供たちの未来のために、ミタデンは創エネ・省エネ設備の普及に取り組んでいる。

そんなメッセージが皆様に伝わっていれば幸いです。

ご来場いただきました沢山の皆様、本当にありがとうございました。