Skip to main content

防災タワー「EPB」Emergency Power Box

災害時に本当に必要なものは?

災害時のライフライン復旧には時間がかかります

2011年の東日本大震災と2016年の熊本地震では、電気の復旧には1週間もの時間がかかりました。
2011年の東日本大震災と2016年の熊本地震のライフライン復旧時間
引用元:総務省「ライフライン等の被害状況」

実際の災害時に、本当に必要なものは何だったのでしょうか

災害時に必要な備えについて、発災後の3日間で「あってよかったもの」「なくて困ったもの」、災害を経験し「これは絶対用意すべきと感じたもの」は何か尋ねたところ(複数回答可)、「モバイルバッテリー」84%、次いで「水」「電池」51%、「ランタン」47%、「保存食」44%という結果になりました。安否の確認、災害状況の確認だけでなく病院情報の収集や学校との連携等のためにスマートフォンを使用していると考えられ、モバイルバッテリーはスマートフォンの使用頻度の高い子育て世帯に特にニーズが高いグッズと思われます。
災害後の3日間で「あってよかったもの」「なくて困ったもの」、災害を経験し「これは絶対用意すべきと感じたもの」はなんですか(複数回答可)
調査団体:一般財団法人 ダイバーシティ研究所
大地震を振り返って家の中にあったもので良かったと思うもの
調査団体:一般財団法人 消防防災科学センター

令和時代を生き抜く新時代の防災タワー

最強サバイバル防災タワー「EPB」のご案内

ミタデンの提案する防災タワー「EPB」。これさえあれば、復旧までの時間を十分にしのげる電力と明かりを確保できます。セットのリチウムイオン蓄電池「HUG-400A」は12のUSB出力ポート数と2個口のAC出力コンセントを備え、一度に複数の機器を充電できます。ライフラインを維持するのに十分な390Whながら、小型・軽量(5.3kg)とポータビリティに優れデザインもスタイリッシュです。同梱の太陽光パネルを使用すれば屋外で何度でも充電が可能です。

そのほか、充電可能なLEDハンディライト、ACアダプタ付きLED電球、防水タイプの蓄電型LED照明がセットになっています。公共施設・病院・学校・マンション管理室・オフィスなど、非常時のために備えておきたい1台です。

防災タワー「EPB」のセット内容

 

防災タワー「EPB」商品の説明

HUG400A

ポータブルリチウムイオンバッテリー
 
スマートフォン
約60回充電可
ノートパソコン
約20回充電可
テレビ
約5時間使用可
照明
約100時間使用可
 

太陽光パネル「PR-SOLARPANEL-100」を同梱

バッテリーの充電は、同梱の太陽光パネルから充電可能。災害発生後も日射量さえあれば、蓄電が出来ます。
 

◆実用性とポータビリティを両立
ライフラインを維持するのに十分な390Wh。また、小型・軽量(5.3kg)とポータビリティーに優れ、デザインもスタイリッシュ。ご家庭・マンション管理室・クリニック・オフィスなど、非常時でも持ち運び可能なサイズです(屋内専用)。災害時の非常用電源(携帯電話、PC、LEDライト)に最適。AC電源、ソーラーパネルから充電可能です。

◆電気自動車と同じ安全性の高いリチウムイオン電池を使用
HUGシリーズには、世界的電気自動車メーカーのバッテリーにも使用されている18650電池を使用。また正極にニッケルマンガンコバルトを使用したハイブリット設計を採用し、安全性とロングライフを実現しております。

入力AC100〜240V、ソーラーパネル
出力AC100V、USB
予備充電時間
  • AC100V:約7時間
  • ソーラーパネル:6〜8時間(同梱のPR-SOLARPANEL-100の測定値)
蓄電容量390Wh
定格出力電力300W
使用環境条件0〜40℃
外形寸法幅233×奥行148×高さ284mm
質量5.3kg

HUG-E250

サバイバルリチウムイオンLEDライト
 

HUG-E250 8つの特徴

懐中電灯
一晩中点灯してもバッテリー切れの心配はありません。
モバイルバッテリー
5200mAhバッテリー。携帯電話2台分の蓄電量です。
SOSランプ
赤と青のLEDライトが点滅するSOSランプモード。
 
アウトドア用ランタン
野宿やキャンプなどに最適なランタンとして。
虫除け灯
屋外でも虫が集まりにくいオレンジ色の灯りです。
ガラスクラッシャー
万が一、車内に閉じ込められた時の脱出用ツールとしても使えます。
 
防水機能
防水性に優れ、雨に濡れても大丈夫。
マグネット付き
強力なマグネット付きでしっかりと吸着します。両手で作業したい時に。
 

UHG-400A、モバイルバッテリー、パソコンのUSBポートと接続して充電可能です。モバイルバッテリーとして携帯電話の充電も可能。防水性に優れ保護等級IP68に適合しています。また、マグネットとストップを装備しています。

電池容量5200mah
消費電力4W
定格光束280 lm
入出力特性In – 5V / Out- 5V , 1A
連続点灯時間
  • LED 照明:強 8 時間 / 中 20 時間 / 弱 30 時間
  • 懐中電灯:20 時間
  • 虫除け灯(橙):20 時間
  • SOS 信号(赤x青):30 時間
外形寸法幅242×奥行40×高さ40mm
質量265g
保証期間2年
  • ※長期間使用されない場合、リチウムイオン電池は徐々に放電し深放電状態となり再充電ができなくなります。定期的な充電を行ってください。(6ヶ月に一度を推奨)
  • ※使用・保存温度は0から45度です。
  • ※本製品はガラスクラッシャーが付いていますが、衝撃を与えると破損や故障の原因となります。ガラスクラッシャーは緊急時にご使用ください。
  • ※本製品は強力なマグネットを含んでいます。医療機器や磁力に影響を受けやすい電子設備と一緒に置かないでください。

HUG-20

リチウムイオン蓄電池LED照明

リチウムイオンバッテリーを背面に内蔵し、コンパクト化。20Wの消費電力で明るさは既存水銀灯100W以上の明るさを確保でき、連続点灯時間は満充電時間約11時間。体育館規模の避難所なら4台で十分な明るさを確保できます。また、運転時のノイズが少ない点も注目です。

蓄電容量240Wh
入力電圧/電流DC24V / 11AH
消費電力20W ±10%
充電時間7時間
連続点灯時間11時間
サイズ幅580×奥行300×高さ600mm
本体重量約6.8kg
その他
  • ・AC 電源アダプター付属
  • ・屋内設置用

E26 LED電球

ソケットと延長コード付き。

防災タワー「EPB」の
導入事例

私立中学校 様

防災に関しても最先端の防災タワー「EPB」を設置し、コンプライアンス上の防災問題を解決し、地域の住民の皆様の安全、児童・学生・生徒さんと教職員スタッフの命を守る防災学校として発信していきます。

ガソリンスタンド 様

最先端の防災タワー「EPB」を設置し、地域住民の皆様の安全と命を守る「街の防災ステーション」として発信していきます。

企業 様

「EPB」の設置の取り組みは地方創生の土台となる「安心して暮らせる地域」に必要な防災や減災対策として極めて重要なものと考えております。当社においても自社のBCPの一環として「EPB」の設置を行いました。

ご用命は株式会社ミタデンまで

会社名
お名前
※必須
住所
※必須
-

電話番号
※必須
メールアドレス
※必須
再度メールアドレスをご入力ください
※必須
お問合せ内容
※必須