SDGs達成に向けた取り組み

SDGs達成に向けたミタデンの取り組み

SDGs達成に向けたミタデンの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残されない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGs達成に向けたミタデンの取り組み

ミタデンでは持続可能な経済成長と課題解決を図るため全社でSDGsの取り組みを推進し、主体的に取り組む重要課題の方針を策定いたしました。ミタデンの全体構想ではSDGs17の目標の達成に向けて「事業を通じた取り組み」、「働き方を通じた取り組み」、「社会を通じた取り組み」の3つに分けて重要課題を定めています。

■ 事業を通じた取り組み

太陽光発電事業や空調設備事業などを通じ、創エネ設備・省エネ設備の普及に取り組んでいます。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を
  • 太陽光発電事業

    太陽光発電事業を通じ、再生可能エネルギーの普及、および、安全で効率的なエネルギーの安定的な生産・創出を目指しています。

  • 空調設備事業

    空調設備事業を通じ、より省エネな設備の導入を推進し、社会における日常的なエネルギー利用の効率化、省エネ化を促進しています。

  • 植物工場事業

    植物工場事業を通じ、天候等に左右される事のない、安定的な食糧生産を実現するための技術開発を行っています。

■ 働き方を通じた取り組み

男性も女性も性別を問わず全員が平等に、また、ライフステージや年代に合わせた働き方が柔軟に選択できるような「働きやすい職場環境づくり」に取り組んでいます。

すべての人に健康と福祉を ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も
  • 性別に関係なく活躍できる職場作り

    管理職の半数以上を女性が占めているミタデンでは、性別は全く関係なく、それぞれの人材がそれぞれの活躍できるフィールドで実力を発揮しています。

  • 出産、育児、介護等での柔軟な働き方の提供

    ライフステージにおける様々なイベントに会社側も柔軟に対応し、時短勤務等の選択の提供など、働きやすい環境を提供しています。

  • 定時退社の推進、有給消化の推進

    全部署における定時退社の推進、残業時間の削減、有給休暇取得の推進を行っています。

  • 定年後の延長雇用制度の拡充

    65歳以降も勤務の継続を希望する社員については、本人の希望を確認した上で、継続して勤務ができるように調整しています。

■ 社会を通じた取り組み

事業活動だけにとどまらず、地域企業としての役割を明確にし、様々な事に取り組んでいます。

質の高い教育をみんなに 住み続けられるまちづくりを 気候変動に具体的な対策を パートナーシップで目標を達成しよう
  • 環境番組の提供

    延べ150回以上の環境番組を放送し、環境に関する話題や問題点、その解決策などの情報提供を行っています。

  • 防災協定を結び安心安全のまちづくりに協力

    安心して住み続けられるまちづくりに寄与できるように、社団法人 鹿児島県建設業協会を通じ防災協定を締結しており、災害時や緊急時に市民の皆様が安心・安全を提供できるよう努めています。

  • SDGs達成に向けた取り組みで、多くの関係者と協力

    業種を問わず、SDGs推進企業とのパートナーシップを構築し、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

ミタデンではこれまでも再生可能エネルギーの推進、ISO14001における環境活動にて、環境保護、汚染の予防、持続可能な資源の利用、CO2削減、生態系の保護に取り組んでまいりました。ただ現在のCSRにとどまらず、SDGsという世界的な取り組みを通じて改めて現在の活動に見合った課題を精査する必要があると考えております。

この3つの重要課題を基にしたSDGsの取り組みと、当社が掲げている企業理念「何よりもお客様のために、信頼を賜るために」を融合させて、持続可能な社会への目標達成に貢献してまいります。